アラフォー男性が結婚できない理由3つ

本物の結婚相談所hikariマリッジ_アラフォー男性が結婚できない理由3つ

日本の未婚率は年々上昇しており、平成27年の国勢調査によると、40〜44歳の未婚率は29.3%、45〜49歳は25.2%。
つまり、40〜44歳は3人に1人、45〜49歳は4人に1人が未婚という結果が出ました。
中には「結婚したくない」から独身を貫いている方もおられるでしょうが、逆に「結婚したい」のにできない方がいるのも事実です。
そこで、今回はアラフォー男性が結婚できない理由を3つご紹介します。

1.女性の希望年齢を35歳までにしている

プロフィール検索をする際、お相手の希望年齢を指定しますよね。
その時、女性は自分の年齢の±5歳差を設定される方が多いです。
一方男性はと言うと、どの年代においても35歳までの女性を希望される方が多くいます。
これは子供が欲しいという理由もあるのでしょうね。

<女性が希望する男性の年齢>
30歳→25歳~35歳
35歳→30歳~40歳
40歳→35歳~45歳

<男性が希望する女性の年齢>
35歳→~35歳
40歳→~35歳
45歳→~35歳
50歳→~35歳

そこで問題となるのが、お互いの希望する年齢のミスマッチです。
例えば、40歳の男性が希望する35歳の女性は、30~40歳の男性を希望しています。ギリギリではありますが、何とか条件をクリアしていますね。
では45歳の男性の場合はどうでしょう。
先ほども申し上げたように、35歳の女性が希望する男性の年齢はは30~40歳なので、45歳の男性の場合は条件をクリアできません。

つまり男性の年齢が上がれば上がるほど、女性との年齢差が発生し、女性から選ばれにくくなるのです。

もちろん、結婚したい理由が「子供が欲しい」と、その1本なのであれば、女性の年齢に固執するのもアリかもしれません。
でも、子供はいくつかある理由の1つではないでしょうか。
更には、最近の不妊治療の技術は向上していますので、年齢を重ねた女性でも妊娠する確率はまだまだあります。

「女性の希望年齢は35歳まで」という条件に固執しすぎると結婚が難しくなります。

2.調子に乗ってしまった

結婚相談所の男女比率は男性が4割、女性が6割と言われています。
ですから、今までの日常生活とは比べ物にならないくらい、女性との出会いが一気に増えます。
お見合いを申し込めばOKのお返事を頂き、逆に女性からも会いたいと言われる状況となり、モテ期到来と浮足立ってしまう方が多くいます。
これまで女性との関係が薄かったほど、その傾向は強いですね。

モテ期到来により自信をつけることは良いのですが、浮足立って調子に乗ってしまうとダメです。
なぜなら、調子に乗ると「もっともっと病」にかかってしまうからです。
もっともっと病とは、「もっと可愛い女性」、「もっと優しい女性」、「もっと素敵な女性」、もっともっともっと・・・と無限ループに突入してしまう病気です。
もっともっとと追い求めた結果、「最初にお断りした女性が一番良かった」と後悔される方もちらほら。そして、最初の彼女を思い出して、「彼女以上でなければ結婚はできない」と意固地になってしまうのです。
もうこうなってしまうと誰とも結婚できません。

また、調子に乗ってしまうと、「女性への思いやり」も欠けてしまいます。
自分はこんなにもモテているのだから・・・と勘違いし、自分本位な言動をしがちです。
すると、女性からお申し込みを頂いたはずなのに、お断りされるというケースに陥ります。

モテ期が到来しても調子に乗るのではなく、いかに冷静に自分の状況をわきまえるかが、結婚できるかできないかの分かれ道となります。

3.包容力がない

女性は年齢を重ねている男性に包容力を求めます。というより、アラフォーはアラフォーなりに経験を積んできているはずなので、包容力があると信じ切っているのです。
だから、いざお会いして包容力がないことが判明すると、即お断りする傾向があります。

包容力と一言で表現しましたが、アラフォー男性が求められる包容力はいくつかあります。
まず1つ目は、何と言っても金銭面での包容力ですね。
いえ、決して年収を詐称しろ!と言っているわけではありませんよ。
そうではなくて、お見合いやデートの時はご馳走をしてあげて欲しいのです。
デート経験が少ない男性は、1円単位で割り勘をしようとされた方もおられましたが、これでは女性はがっかりです。
貢いでほしいわけではありませんが、女性はご馳走されることにより「大事にされている」と思うものです。

次に、コミュニケーション面での包容力も求められます。
男性の中には、ご自身の価値観や経験の範囲内で物事を判断され、自分の意見と合わない人を否定する方がいます。
でも、今まで全く接点がなかった男女の価値観が全く同じということはマレです。なのに、すぐに白黒をつけたがるのはナンセンスです。
まずは、女性の話や存在をがっちり受け止める器が求められます。
YESマンになれ!というわけではありませんが、お付き合いが浅いうちから論破しているようでは、結婚はできません。

まとめ

アラフォーの男性は、まだまだ結婚できる年代と思っている方が多いですが、婚活しているアラフォー男性の成婚率は10%以下とかなり低くなっているのが現実です。
しかしながら、悲観する必要はありません。上記3点の問題点を改善すれば、確率はぐんと上がります。
でも、アラフィフに突入すると、よほど条件がずば抜けて良くない限り結婚するのは難しくなってしまいます。
ですから、一刻も早くご自身を振り返り、問題点を改善してみてはいかがでしょうか。

2020-07-14