高年収の数字に踊らされない婚活をオススメする本当の理由

婚活の条件は高収入

「結婚するなら、年収500万円以上の方がいいです」と、【年収】を結婚の条件とする婚活女性は少なくありません。たしかに年収100万円では生活ができませんし、結婚後にお子さんができたり、マイホームを建てたり、老後資金を貯めたりする必要があるので、結婚相手の年収は無視できない条件です。

しかし、年収の数字に踊らされる婚活は、絶対にオススメできません。

「Aさんとは話が弾んだけど、Bさんの方が年収が高いし、どうしよう…」「Cさんはとてもいい人だけど、希望の年収じゃない」そんな理由で交際をお断りしていると、いつまで経っても結婚相手と幸せになることができないのです。

結婚相手への条件を「下げろ」というわけではない

年収重視で婚活をすると、いつまで経っても結婚できません!

そう言うと、「結婚相手の条件を下げろってこと…?」と思う方もいるでしょう。

せっかく結婚相談所で婚活を始めたのですから、ご自身のご希望にそった婚活を行うこと自体悪いことではありません。

しかし、正直なところ…お相手に望む条件が非現実的なのです。

想像以上に年収500万円のハードルは高い

たとえば明治安田生活福祉研究所が、2016年に行った調査によると、年収400万~500万円未満の未婚男性の割合は20代で6.0%、30代で19.1%と発表しています。

この調査を元に考えると、30代男性の10人に2人くらいは年収400〜500万円という計算になりますが、この19.1%の30代男性の中で、結婚願望がある人が何人いるでしょうか?

すでに婚活をしている人が何人いるでしょうか?

未婚男性の全てが結婚願望を抱いているわけではありませんから、実際は19.1%の割合はもっと低くなるはずです。

高年収でなくても豊かな暮らしが出来る知識を!

そして最後にお伝えしたいのが、高年収だから安定した暮らしができるというわけではないことです。

もちろん収入が多いに越したことはありませんが、家計の金融行動に関する世論調査によると年収1000万円〜1200万円の単身世帯の45%が貯金ゼロとの結果に…。

いくらお金を稼いでいても、お金の使い方、お金の貯め方、お金の増やし方…etc

お金に関する知識がなければ【安定】した暮らしは送れないのです。

また逆に年収300万円でも上手に資産運用して、貯蓄を増やしている世帯もありますよね。

そう考えると、数パーセントの高収入のお相手を探すより、収入は一般的だけど、マネーリテラシーの高いお相手を探す方が豊かな暮らしができるのかもしれません。

2020-08-25