夫婦関係における「なんでもいいよ」は愛情ではありません!

包容力のある男になりたい!!と思っている方もいるのではないでしょうか?

たとえば女性から「これ、どう思う?」と聞かれれば、「○○ちゃんがしたいならいいんじゃない?」と答えて、彼女が選びたいように選べばいいから「なんでもいいよ」と答えてしまう。

それを『優しさ』だと勘違いしていませんか?

彼女の意見や想いに耳を向けることは、お付き合いの中でも結婚生活の中でも、大切なこと。

夫婦円満に過ごす秘訣でもありますが、彼女の意見をすべて受け入れて「したいようにすればいい」と答えてしまうのは、優しさとリンクしないのです。

なぜなら、彼女の投げかける言葉の裏には「あなたはどう思ってるの?」っているという問いかけが含まれているから・・・。

夫婦関係の「好きにしていいよ」は無関心である理由

「好きにしていいよ」そんなことばかり言われると女性は、自分の想いや気持ちはないわけ?と思ってしまう生き物なのです‥。

「一生懸命考えているのは私だけなのかな?」とか。「もしかして、向こうは自分の意見をもっていないのかもしれないなぁ」と、だんだんと気持ちが冷めていく。

あまりにも「なんでもいいよ」が過ぎると、「包容力」がある人ではなく「無関心」な人と思われてしまうのです。

受け入れてくれるのも、尊重してくれるのもいいけれど、相手は受け入れつつ、自分の意見を述べる男性は、自分の意見を持ってるんだ
と思えますよね^^

考えていること、思ったことを伝えてくれると「私のことを信用してくれているんだなぁ」と女性も安心するんです。

相手を尊重しつつ、意見を伝えあえるのが夫婦です。

尊重するのも、受け入れるのも大事だけど、感じたことがあるならそれを伝えるようにしてみましょう!

たとえば、旅行先を決めるときも、「彼女が提案したAも○○でいいけれど、Bも○○だから楽しそうだね」と意見することで、一緒に旅行先を考えてくれているんだと思えるわけです。

なんでもいいよではなくて、それも素敵だけど、こうもいいと思わない?と提案して意見を伝えあえる関係を目指しましょう^^

2020-10-11