お見合い時に愚痴や自分の苦労話ばかりしていませんか?

本物の結婚相談所hikariマリッジ_お見合い時に自分の苦労話ばかりすることがダメな理由
本物の結婚相談所hikariマリッジ_お見合い時に愚痴や自分の苦労話ばかりしていませんか?

お見合い時、
自分のことをお相手に知ってもらうために、ご自分の話をするかと思います。

(※前提として、お見合いでは話すことの倍以上、お相手の話を聞くことが大切です。それを踏まえたうえで、自分の話をするときに……)

「自分のことを知ってもらう」ことばかりを考えて
苦労話や不幸だったことばかりを話してしまう人がいます。

病気になった、体のどこが痛い、家が貧乏で学歴がコンプレックス、
仕事がつらい、刺激のない毎日がつまらない……etc.

そのお話が最終的に
「そういう経験もあって今の自分がいる」と”強み”に変えられるならまだしも
(それでも不幸話ばかり続くのはつらいです)
ただただ辛気臭い話をダラダラと聞かせるだけ……というケースが多いです。

そういう場合、お相手は
愚痴っぽい話やネガティブな話ばかりをされて疲れ果ててしまい、
あなたの素敵なところを探す気持ちを失ってしまいます。

せっかくお見合いすることができたのに、
疲れる話ばかりされて、お相手は楽しいはずがありませんよね。

お見合いでは、
2人の明るい未来が描けるような話題を共有できることが理想です。

同じ趣味・好きなことが似ているから、
2人で過ごす休日は楽しいものになりそう……etc.

一方的に愚痴ばかり聞かされても、
お相手は明るい未来をイメージすることができません。

もしも「お見合いは組めても先に進めない」という場合は、
お見合い時にどんなことを話しているか、一度冷静に振り返ってみてください。

また、どんな話題が好まれるかを考え、シミュレーションすることも大切です。

もちろん、嘘や背伸びは必要ありません。

お相手のプロフィールから自分の好きなものと重なるものを見つけ、
そこから話題を広げてみたり、質問を考えたりすると良いですよ(^^)/

2021-06-16