投稿者「kushida」のアーカイブ

本物の結婚相談所hikariマリッジ_外見より中身が大事の落とし穴

「外見より中身が大事」3つの心得

年齢に焦りもあり、婚活を始めた男性。
お見合いをして、お付き合いするようになりましたが、
見た目が好みのタイプではなかったと言います。

しかし、周りからは「外見より中身が大事」と諭されたこともあり、
「結婚すればなんとかなるだろう」と思い結婚しました。


4年の結婚生活を送るも、妻に対して異性として魅力を感じることができず、
夫婦の夜の営みさえ苦痛に感じ、離婚したいと思うようになりました。

この男性の「結婚すればなんとかなるだろう」と思うだけではどうにもなりません。
何もしなければただの同居人です。

「外見より中身が大事」の本質をしっかりと理解する必要があります。
ただ単に、お相手の性格や人となりを見て良いか悪いかを判断するのではありません。

お相手を判断する前に、自分がどのような心構えでいなければならないのかが重要です。

特に「理想の結婚相手」にこだわりが強い人は要注意!
「こんな結婚生活イヤだ!離婚する!」とならない為にも
下記の3点を心得ておきましょう。

1.完璧な人などいない

どれだけ見た目が好みであっても、結婚条件が良い人であっても
お付き合いする中で、相手のさまざまな性格を知ることになります。

「彼女の浪費家なところがイヤ」「彼の優柔不断なところがイヤ」など
自分と違うところや、理想の彼(彼女)像から外れていることが
不満になることは誰でもあります。

しかし、不満なところもあるけれど
「いつも笑顔で優しくて癒される」「いつも大事にしてくれる」など
良いところもあるので総合的にみると「一緒にいたい」となるのです。

お付き合いをする中で、どうしてもイヤな部分については
頭ごなしに否定するのではなく、「〇〇した方が良いよ」
「〇〇してくれたら嬉しいな」と話し合うことも必要です。

そして、結婚生活が円満にいく秘訣として
「相手に期待しすぎない」「相手を変えるのではなく、自分を変える」
ことも大切です。

もし、少しの不満なところも受け入れられないのならば、結婚はしない方が良いでしょう。

2.夫婦になるあゆみよりが何よりも大切

異なる環境で育ってきたのだから、違って当然です。
誰でも良いところ悪いところがありますが、お相手の尊敬するところや、好きな部分をたくさん見つけて、恋モードにシフトチェンジしていきましょう。

「笑顔がかわいいね」「今日の服も素敵だね」「優しいね」「頼りになるね」
など、あなたがお相手の良いところを見つけて、それをお相手に伝えてください。

その言葉がけが、お相手の自信と喜びになってハッピーが溢れてきます。
すると内面から輝きだし、どんどんと綺麗になったり、もっとお相手と一緒にいたくなります。

そして、いつもそばで気遣ってくれるあなたのことを、心の底から大切に思うようになるでしょう。

このように、2人の間にトキメキをもたらせることが、2人の仲を親密にさせるのです。

3.感謝の気持ちを言葉にする

相手がいてくれることや、何かしてくれることを当たり前だと思わずに、
感謝の気持ちを持って「ありがとう」とお互いに言葉にすることです。

夫婦間の些細な不満は、この「ありがとう」がないことから始まることも多々あり
また別の些細な不満が起こった時には、怒りが倍増し、やがて爆発してしまうことにもなりかねないのです。

思いやりと感謝の気持ちをもって接していれば、たとえ喧嘩しても上手く乗り越えていけます。
「ありがとう」と伝えることは夫婦が穏やかに末長く暮らしていく為にはとても大切な言葉なのです。

本物の結婚相談所hikariマリッジ_即お断り_女性編

【女性編】 即お断り‼︎ お見合いで聞かれた嫌な質問・言動

お見合いだからと言って、まだ親しくなっていないのに、男性がドン引くような質問をする女性がいます。

まずは、自分の言動はどうだろうかと振り返り、ダメなところは直しましょう。
その自分改革ができる人に良いご縁は繋がっていきます。
こちらの記事をチェックして、同じようなことはなかったか見直してみましょう。

お見合いで聞かれた嫌な質問

「年収はどのくらいですか」
「貯金はどのくらいですか」
「子供は何人くらいほしいですか」
「将来は田舎に帰ってご両親と同居する予定ですか」

お見合いは初対面ですので、まずはお相手の人柄や性格が、自分と合うかどうかを見ていきましょう。

「この人となら、良い家庭を築けそうだ」とお互いに思えなければ成婚にはなりません。

年収や貯金、子供の人数や住む場所などの理想も人それぞれあるかもしれませんが、コロナ禍で、多くの企業が倒産したり、経営状態が悪化してボーナスカットされている会社もあります。

結婚は “生活” ですので、お金も大事ですが、それよりも大切なことは
どんな苦難でも乗り越えていける精神力です。

例えお金がなくなっても、絶望から這い上がれる人なら立ち直れます。

今の時代、何が起きてもおかしくありません。
どんなことが起きても、2人で支え合っていける人、
居心地が良い人を結婚相手に選ぶ方が良いでしょう。

お見合いでのNG発言

「老けていますね」
「背が低いですね」
「本当は〇〇の職業の人が良かった」
お見合いを切り上げる際に「もういいですよね、1時間経ちましたよね」
このような態度は大変失礼ですので絶対にNGです。

また、「愚痴・ネガティブな話」をする人がいますが、
男性からすると「結婚後もこんな風に愚痴を聞かなければならないのか」と思い、敬遠されるので、居心地が良い女性になりましょう。

お見合いでのNG行動

日本結婚相談所連盟ではお見合い時のお支払いは男性に負担いただくルールとなっていますが、

「勝手にケーキを頼む」
「お会計時にお礼を言わない」
「お支払い後さっさと帰る」
など自分勝手な行動はやめましょう。

お見合いで良い雰囲気になっていたとしても、お会計時にお礼の言葉がないのは、悪い印象になりますので、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

本物の結婚相談所hikariマリッジ_即お断り_男性編

【男性編】即お断り‼︎ お見合いで聞かれた嫌な質問・言動

お相手をよく知りたいが為に、初対面でズケズケと突っ込んだ質問をして印象を悪くしてしまっている人がいます。

悪気はないんだけど、知らず知らずのうちにお相手女性を傷つけるような質問をしている場合はかなり厄介です。

なぜなら、誰かに注意されるか、自分の発言を振り返らなければ気づくことができません。
気づくことができなければ、この先どれだけお見合いをしても次のステップに進むことはできないからです。

まずは、自分の言動はどうだろうかと振り返り、ダメなところは直しましょう。
そして、女性の気持ちを思いやれる余裕をもつことも大切です。

その自分改革ができる人に良いご縁は繋がっていくのです。
こちらの記事をチェックして、同じようなことはなかったか見直してみましょう。

お見合いで聞かれた嫌な質問

「今まで付き合った人数、お見合いした回数」
値踏みされているようで嫌だった。
この質問の後に男性が、彼女いない歴=自分の年齢なんだと言う人もいるようですが、過去にこだわるよりも、今、目の前のお相手としっかり向き合うことが大切です。

「留学経験があるんだね。外国人の彼氏はいたの?」
海外に住んでいただけで、男性関係がルーズと思われているようで嫌だった。

知人の男性の話をすると
「何の職業の人? 何歳? どんな関係?」と厳しくチェックする。
知人の話だけで、こんなに追求されるなら、結婚したらひどい束縛されそうで怖い。

「どうして妹さんが先に結婚したの?」
結婚に姉も妹もありません。ご縁があるかないかです。

「お仕事は何ですか?」「おいくつですか?」「趣味は何ですか?」
プロフィールに書いていることをそのまま聞かれると「プロフィール見ていないのかな」「何を見てお見合いをしたんだろう?」と思いがっかりする。
こちらの場合は、「お仕事は〇〇とのことですが、どのうようなことされているのですか?」など、質問の仕方を工夫しましょう。

デリカシーのない発言・態度

「親に言われてお見合いするなんて素直なんですね」と馬鹿にした言い方
「英語話せるんだね。僕は話せないからな〜」と卑屈な言い方
「家柄、学歴、地位に異常にこだわり、女性の方が勝っていると不機嫌になる男性」
「所詮、派遣でしょ」
「あなたみたいなお嬢様には〇〇できないよ」

以上のように、女性がお見合いの会話で、即お断り‼︎と思うのは、女性の気持ちを全く思いやれない発言や態度です。

馬鹿にした言い方や、卑屈な言い方、自分が一番主義という男性は、その言動を改めないとまず成婚はできないです。

本気で結婚したいなら、自分の言動を振り返り、相手を思いやれる気持ちの余裕をもつこと。器の大きな男性になりましょう。

本物の結婚相談所hikariマリッジ_豹変する

知らなきゃ危険!結婚後に豹変する人の特徴6選

プロフィールがとても良い条件だったとしても、お見合いして良さげな雰囲気だったとしても、その時だけイメージをよくすることはできます。

女性の場合、いつもニコニコ優しい雰囲気で、料理教室やジムに通っていたり、婚活のために頑張っている人もいらっしゃるでしょう。

男性の場合、カウンセラーさんにお願いして服のコーディネートをしてもらって好印象になったり、女性とのコミュニケーション術を勉強してスマートに対応できる人もいるでしょう。

お付き合いをしている時は「結婚をする」という目標のために、必死で努力することはできます。

しかし、いざ結婚するとそれまで努力してきたことをやめ豹変する人が少なからずいるのです。
そんな豹変してしまう人の特徴をお話します。

1.他人のせいにする

ミスをしたり、問題が起きた時に他人のせいにするのは、自分だけを守ろうとする責任感のない人です。
結婚後に何か問題が起きても、自分は知らんふりで全てパートナーの責任に押し付けられるので避けたほうがよいです。

2.予定がうまく進まなかった時にキレる

デートで行こうとしていたお店が臨時休業していた、海に行こうと決めていたのに雨が降って行けなくなったなど、自分が決めていた予定が変わることで怒りだす人は、臨機応変に対応できない人です。
少しのことで不機嫌になるような人と結婚すると、これから先もずっと顔色を伺って生活しなければならず大変な思いをする可能性があります。

3.人によって態度を変える

特に分かりやすいのが、店員さんに対する態度です。
レストランで、ウエイトレスさんに横柄な態度で接したり、コンビニでの支払い時に、お金を投げるように店員さんに渡したりする人は、自分は「お客様=上の立場」「店員=下の立場」「俺様が店に来てやっている」と勘違いしていて、結婚後にDVやモラハラをする危険があるので避けましょう。

4.外見を気にする

いつもブランドものを身にまとい、外見を特に気にする人は見栄っ張りで世間体を気にします。
高級住宅地に住んで高級車に乗り、美人な妻と「子供は将来医者にさせる」など、自分の周りの人にも見栄の為に強要します。
女性の場合は、望むものが手に入らなかった時、パートナーを激しく責めることもあるので要注意です。

5.友達がいない

友達がいないということは、何かしらの性格的問題があると考えられます。
自己中心的で、自分のことしか考えられなかったり、プライドが高く人を見下したり、被害妄想が強かったり、ネガティブなどいろんな問題があります。

友達がいる場合でも「類は共を呼ぶ」なので、結婚する前に、どんな友人がいるのか会うことで、お相手のことをもっと深く分かるようになります。

6.金遣いが荒い

自分が欲しいと思ったものは何でも買わないと気がすまないような金遣いの荒い人は、計画性がなく将来のことを考えないので、結婚後も同じように自分の好きなことだけにお金を使います。
家庭のことを考えずに、自由にお金を使えないと豹変する可能性があります。

まとめ

上記の6点にあてはまる人は、責任感や強調性がなく、自分本位であると考えられ、結婚後に豹変する可能性があります。

結婚は、育った環境の違う2人の生活です。これからとてつもなくたくさんの、2人の生活の違いやマイ常識の違いに向き合って、話し合っていかなければなりません。

「自分の意見が1番」という思いでは結婚生活は上手くいきませんので、よくお相手を見極めることが大切です。